広告についての野良の考え

野良道具製作所と“広告”

ありがたいことに、野良道具製作所を雑誌やメディアに取り上げて頂く機会はかなり増えました。

これはもうひとえに野良製品を愛してくださっているユーザさんのおかげです。

 

「はいはい、また野良の野郎チョーシいいこと言っちゃって~」と思われるのも無理からぬ話ですが笑、いやほんとにそう思ってます。 

だって野良製品を掲載し、読者さんや視聴者さんに興味を持ってもらえると媒体側の方が判断してこそ、掲載のお誘いを頂くわけですからね。

みなさま、いつも本当にありがとうございます。

 

さて、そんなこんなで雑誌などで野良製品を見かけることが多くなると、

「野良のやつ、チョーシ乗って広告バンバン打ってやがんな~」

と感じる方も出てこようと思います。

 

で、これについてなんですが、野良道具製作所では創業以来、雑誌に広告費をお支払いして記事を掲載して頂いたことは「一度」しかありません。2018年ごろの世田谷ベースさんに出稿させてもらったっきりです。

その他の野良製品掲載記事は、すべて雑誌社さんや出版社さんからの取材でご掲載いただいたものになります。

 

これは別に自慢したいわけではなくて単なる私のポリシーで。
自慢じゃないならなんでこんな話をしてるかって言うと・・・

目の前のあなた!!野良製品をご愛用くださっている、モニターもしくはスマホ画面の前におられるあなた!!!

あなたが愛してくださった野良製品は、こんな立派な雑誌に掲載してもらったよ!!!!!!!!

これもあなたのおかげです、本当にありがとうございます!!!!!!!!

というご報告をしたいからです。

まじで取材を受ける動機の90%はこれです。あとの10%はどこかでバズって100万個ぐらい売れてくんないかな、という不純な動機です笑

 

 

広告というものの捉え方(個人的な考え)

もちろん、広告が悪いものだとは思ってもいませんし、広告枠として掲載された記事はダメだなどと言うつもりも全くありません。その点勘違いなさらぬよう。

 

ただ雑誌に限らず、野良はYouTubeのいわゆる「案件」といいますか、ユーチューバーさんにお金を払って商品紹介動画を流してもらって・・・といったこともやってません。その理由はとてもシンプルで、

ユーザさんのピュアな意見が集まる場所に「違う色」を入れたくない

からです。

 

YouTubeならYouTubeで、野良道具製作所関連の動画はすべて「ユーザさんの純粋な意思によるレビュー動画」である、という状態を作りたいので。

じゃなきゃ視聴する側としてもいちいちナナメから見ないといけなくなるじゃないですか。これどーせ提供してもらった製品なんだろ、そりゃ悪いこと言わんわな、とか。笑

 

良くも悪くも野良製品というのは偏ってるという自覚がありまして、だからこそ「合う合わない」をしっかり純粋なレビュー見て決めてもらいたいんですよ。

なので他でも書いてますが、野良製品の使い心地やレビューが気になった方は(ありがとうございます)、ぜひYouTubeで野良道具製作所と検索してみてください。混じりっけなしのレビューがそこにあるはずです。

※これまたどうでもいい余談ですが、不正やサクラが横行する大手通販サイトなどでのレビューはもはや信頼に値する情報源ではないと(消費者目線での)私は考えています。

 

野良製品のご購入はこちらから

野良道具製作所の商品を全てラインナップしている直営ショップです。
新製品や試作品はまず最初にこのショップに置くようにしていますので、是非定期的にチェックしてみてください。

前の記事

笛持とうぜ運動