野良ストーブは何よりもまず「私自身が使うために」作りました。

 

なので当然といえば当然ですが、もし今、私が一人のユーザとして小型焚き火台の購入を考えるなら、迷いなくこの野良ストーブを選びます。

そもそも野良ストーブを作ろうと思ったきっかけが、「自分が欲しいと思える小型焚き火台が市場に存在しなかったから」です。 

 

まずは「頑丈」なこと。これだけは絶対に外せない要素です。

当時あった小型焚き火台の多くは軽量化のために板厚を薄くしているものが多く、熱でベコベコに歪んでしまう製品がほとんどでした。

 

私が欲しかったのは「ガス/ガソリンストーブの代わりに成り得る焚き火台」ですから、そんな頼りない強度では、とてもじゃないですがメインストーブの役割を任せられません。

 

なので野良ストーブはとにかく頑丈に作っています。

 

板厚も最低でも1.2mm、最も重量のかかるゴトクは2.5mm厚のステンレス板を採用。 そしてただ肉厚の板を使うのではなく、各所に曲げを入れて強度を高めてあります。

 

そのため、ストーブ本体が真っ赤になるほど燃やしてもびくともしません。

 

 

 

次に「組み立てが簡単」なこと。

 

というより、野良ストーブはそもそも「組み立て」と呼べるような手順自体が必要無いとさえ言えます。

ただ単にパカっと「開くだけ」でほぼセットが完了します。(詳しくは組み立て動画を御覧下さい)

 

そして開いた瞬間から焚き火を始めることが可能です。

鍋を乗せるゴトクでさえも、本体を開いただけで既にセットが完了していますから、あとは薪を投入し、火を熾して鍋やケトルを乗せるだけで調理もスタートできます。

 

この設営の簡便さは、灯りの乏しい野営地や、夕暮れのキャンプ場では非常に活きてきます。できるだけ早く火を熾したい時、手探り状態でも簡単に組立てが出来る野良ストーブはとても重宝するはずです。

 

 

 

そしてもちろん重要なのが「火力」です。

 

野良ストーブは非常に強い火力を持ちながらも、無駄に薪を消費しない燃費の良さも兼ね備えています。

その秘密は本体の形状にあります。

 

形としてはご覧の通りの三角形です。

そして曲げ加工によりフレームの中心部を膨らませてあります。

 

こうすることで、燃焼で起きた炎は否が応でも「中心部に集中」せざるを得ません。

つまり炎が「鍋底にしか行き場がない」状態になりますので、熱を無駄にせず、非常に効率よく調理をすることができます。

 

また、薪を燃やすうちに空気穴が灰で目詰まりし、火力が落ちる・・・なんてことも野良ストーブでは起きません。フレームの曲げ加工により、空気の通り道が常に確保されていますので、どれだけ薪を投入しても燃焼効率は変わりません。

 
 

 

 

そんな要素を詰め込みながら、5年以上の時間をかけて試作品を作っては改良、作っては改良という試行錯誤を繰り返し、その果てに完成したのがこの野良ストーブです。

 

ぜひ、バッグの片隅に入れておくか、車のラゲッジに放り込んでおいて下さい。

焚き火がしたくてワクワクする、そんな最高の毎日が待っています。

 

 

【送料無料】野良ストーブ ~Nora Stove~

キャンプ・アウトドア・ブッシュクラフトに 日本製

¥9,980


SPEC/商品詳細

カラー

ステンレスRawカラー

サイズ

上記図面参照

重量

(約)1.3kg

静止耐荷重

約15kg(実際の耐荷重は20㎏以上ありますが、それだけの重量となると鍋も大型になり安定感も悪くなるため、この数値を限度としております)

材質

ステンレス鋼(SUS304

付属品

取扱説明書

 

 

 

製品等の色は、ご使用になるモニターや、設定によって若干の違いが発生する場合があります。

製作・調整は当製作所で手作業で行っておりますので、どうしても細かい傷がある事がございます。使用に問題のない範囲のものは出荷させて頂いておりますので、何卒ご理解の程、宜しくお願い致します。

製品改良のため予告なくデザイン・仕様を変更する場合があります。

サイズ・重量などの数値には若干の個体差があります

下記のストアでご購入できます