野良ストーブ ~Nora Stove~

 

ふとしたときに、焚き火をしたくなることがあります。

 

森の香りを嗅ぎながらコーヒーが飲みたくなった時。

景色のいい場所を見つけて、車を停めた時。

家族や仲間と、キャンプ場でのんびり過ごす時。

 

山でも、海でも、川でも。

 

外へ行く時には、つい連れて行きたくなる。

野良ストーブは小さくて頼りになる、あなたの良き野遊び仲間です。

ひたすら頑丈に。ずっと使える安心感

私はとにかく頑丈な道具が好きです。

特に焚き火という神聖な遊びをするにあたって、熱ですぐベコベコに歪んでしまうような焚き火台はどうしても許せません。

 

当然この野良ストーブでも、「頑丈さ」は最優先で設計しました。

 

まずメインフレームに1.2mm厚のステンレス板を使い、特に熱がかかるロストル(炭床)には1.5mm厚を、そして重たい鍋を載せても大丈夫なように、ゴトク部分には2.5mm厚を採用しています。

それもただ厚いだけでなく、全てのパーツには強度向上を計算して曲げを入れてあります。

 

あなたがどれだけ過激な焚き火ストでも、野良ストーブはその要求に余裕で応えるでしょう。

 焚き火に連れ出すたび、ゴツいステンレスに美しい焼け色が刻まれていく様を楽しんで下さい。

 

高火力、かつ低燃費

ただ単に焚き火の風情を楽しむのもいいですが、せっかく火を熾すなら、しっかりと調理にも活用したいですよね。

 

野良ストーブは非常に強い火力を持ちながらも、無駄に薪を消費しない燃費の良さも兼ね備えています。

 

その秘密は本体の形状にあります。

形としてはご覧の通りの三角形、かつ曲げ加工によりフレームの中心部を膨らませてあるので、要するに「炎が無駄に拡散しない」形状になっています。

 

こうすることで炎は「鍋底にしか行き場がない」状態になりますので、熱を無駄にせず、非常に効率よく調理をすることができます。

 

 

一瞬で組立て完了

下の動画をご覧頂ければわかるとおり、野良ストーブは組立ても撤収も一瞬で完了します。

 

この設営の簡便さは、灯りの乏しい野営地や、夕暮れのキャンプ場では非常に活きてきます。

そんな風にできるだけ早く火を熾したい時、手探り状態でも簡単に組立てが出来る野良ストーブはとても重宝するはずです。

 

そして収納時は実にコンパクトになりますから、バックパック、または車のラゲッジに忍ばせておいて、気が向いた時にサッと取り出して焚き火、なんてことも気軽に出来ます。



SPEC/商品詳細

カラー

ステンレスRawカラー

サイズ

上記図面参照

重量

(約)1.3kg

静止耐荷重

約15kg(実際の耐荷重は20㎏以上ありますが、それだけの重量となると鍋も大型になり安定感も悪くなるため、この数値を限度としております)

材質

ステンレス鋼(SUS304

付属品

取扱説明書

 

 

 

製品等の色は、ご使用になるモニターや、設定によって若干の違いが発生する場合があります。

製作・調整は当製作所で手作業で行っておりますので、どうしても細かい傷がある事がございます。使用に問題のない範囲のものは出荷させて頂いておりますので、何卒ご理解の程、宜しくお願い致します。

製品改良のため予告なくデザイン・仕様を変更する場合があります。

サイズ・重量などの数値には若干の個体差があります

携帯式焚き火台 野良ストーブ ~Nora Stove~

¥9,504 税込

下記のストアでもご購入できます