「メタルマッチなんかどれも一緒、火がつけば別に何でもいい」

そう思ってた時期が私にもありました。

 

ただ、ちょっと冷静になって考えてみるとですよ。

そもそも「別に火がつけば何でもいい」と言うのなら、そんなもんライターやマッチを使えばいい訳です。

 

じゃあそこをあえてメタルマッチ(ファイアスチール)を使う理由って何だろうか?

 それを考えた時に自分でもハッとしましてですね。

 

そう、すべては「焚き火を楽しむため」なんですよね。

我々は「焚き火を楽しむため」に、あえてメタルマッチを使う訳です。

(※もちろん実用性の面でもメタルマッチを使う理由があります。それはまた後述します)

 

 そう考えるとメタルマッチというのは、いうなれば火熾しという神聖な儀式のための神聖な道具とさえ言えるわけです。

 

そんな大事な道具を疎かにするというのは焚き火ストの風上にも置けないだろうという事で、

自戒の念を込めて真剣に設計/製作したのがこの「野良スティック」です。

材質

上記のようなコンセプトなので、材質は設計前から決めてました。

そう、「真鍮(ブラス)」しかないな、と。

 真鍮を削り出して作ったゴツいハンドルに、これまた極太のゴッツい13mm径ファイアスチールを据えました。

自分で言うのもなんですが、これを使う事で焚き火のワクワク感が段違いに増すと思います。

焚き火の際はもちろんのこと、焚き火をしない時でさえ、つい意味もなく取り出して弄りまわしたくなる。

そんな愛すべき道具に仕上がりました。

 

そして極太のファイアスチールは着火性も抜群に良いです。

フェザースティックへの着火がどうも上手くいかないんだよな・・・という方、是非この野良スティックを試してみて下さい。

今までは一体何だったんだと思うぐらい、あっけなく簡単に着火出来るはずです。

 

 メタルマッチの利点

メタルマッチは雰囲気だけの道具か?というと決してそんなことはありません。

何といっても、慣れれば「いついかなる時でも火熾しが可能」というのがメタルマッチの大きな利点です。

 

マッチは水に濡れたらアウトですが、メタルマッチなら濡れても大丈夫。軽く拭えばすぐ使うことができます。

ライターのガスのように可燃性の燃料ではないので安全に備蓄が可能ですし、ガスと違ってすぐ無くなったりせず、何千何万回と繰り返し使えます。

 

そのように、メタルマッチは実用性においても非常に優れています。

 

 ファイアスチール部分のみ交換が可能 

ちなみにですが、真鍮ハンドルとファイアスチール部分はネジで固定していますので、

ファイアスチールがすり減ってきたら「交換」が可能です。つまり真鍮ハンドル自体は永久に使えます。

(ファイアスチールも極太なので使い切るには相当な年月がかかりますが)

 

下の写真は私物の野良スティックですが、真鍮の良い味が出てきました。

これから先何十年とかけて、さらに良い雰囲気を醸してくれるでしょう。

 

※日本製/地元広島の提携工場にて製作しています。
※1本単位での販売です。
※ストライカー1点付属します

下記のストアでご購入できます

PAGE TOP